免疫系に学んだサイバー攻撃防止技術(情報ネットワーク・コミュニケーション学科 教授 岡本 剛 )(2019.09.20)

情報ネットワーク・コミュニケーション学科 岡本 剛 教授 情報ネットワーク・コミュニケーション学科 岡本 剛 教授

情報通信技術の普及とともに、サーバに対するサイバー攻撃が大きな脅威となりつつあります。

サイバー攻撃の中でも、未知のバグを悪用する攻撃は未然に防ぐことが難しいため、攻撃による被害は避けられません。そのため、被害を最小限に抑えて迅速にサービスを復旧する技術が求められています。

本研究は、生物のからだを守る免疫を参考にして、最初の攻撃を防げなくても、サーバがその攻撃を学習することにより、二回目以降の攻撃を未然に防ぐ技術を研究開発しています。

情報ネットワーク・コミュニケーション学科 コンピュータウィルス対策研究室(岡本剛研究室)紹介ページ

アーカイブ

2019年

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2018年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2017年

12月

11月

10月

情報公表

インターネット出願

資料請求

デジタルパンフレット

メールマガジン

健康医療科学部

スーパーサイエンス専攻

進学相談会

私立大学ブランディング事業

SDGsに貢献する工科系大学

指導教員が推薦する卒業研究

就職・キャリア総合サイト

ブロックで厚木未来都市をつくろう!

先輩たちのキャリアストーリー

看護生涯学習センター<認定看護管理者教育課程>

HEMS

KAIT工房

附属図書館

入試案内

資料請求

交通アクセス