電気電子情報工学科の板子教授が企業と共同で高効率に発電できる太陽光システムを開発しました(2019.06.25)

工学部電気電子情報工学科の板子一隆教授がデータテクノロジー(株)と共同でIoTを活用した太陽光発電システム「スマートPVアレイシステム」を開発したことが6月21日の日刊工業新聞で紹介されました。

同システムはパネルごとに昇降圧型DC-DCコンバータユニットを装着。ユニットでパネルの状態をスキャンし、状況に応じて電力を調整できるため太陽光発電パネルに影がかかっても高効率(従来と比べて最大1.6倍)に発電できます。今後、メガソーラーへの導入など製品化を目指します。

また、7月10日よりパシフィコ横浜で開催される「PV2019太陽光発電展示会」に出展します。

電気電子情報工学科 パワーエレクトロニクス研究室(板子研究室)紹介ページ

アーカイブ

2020年

2月

1月

2019年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2018年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2017年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2016年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2015年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2014年

12月

11月

10月

9月

8月

情報公表

インターネット出願

出願速報

資料請求

デジタルパンフレット

メールマガジン

知って得する入試情報

女子受験生応援サイト

健康医療科学部

スーパーサイエンス専攻

進学相談会

私立大学ブランディング事業

SDGsに貢献する工科系大学

指導教員が推薦する卒業研究

就職・キャリア総合サイト

先輩たちのキャリアストーリー

看護生涯学習センター<認定看護管理者教育課程>

HEMS

KAIT工房

附属図書館

入試案内

資料請求

交通アクセス