神奈川工科大学との産学連携に基づく車両運動制御技術「G-Vectoring Control Plus」をマツダ・日立オートモティブシステムズが発表(2018.10.11)

「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC Plus)」の制御フロー

マツダ株式会社(以下、マツダ)と日立オートモティブシステムズ株式会社(以下、日立オートモティブシステムズ)は、神奈川工科大学(学長 小宮一三)との産学連携に基づいて開発された新しい車両運動制御技術「G-Vectoring Control Plus(以下、GVC Plus)」*1を発表しました。

GVC Plusは、創造工学部 自動車システム開発工学科 山門・狩野研究室と日立オートモティブシステムズ、マツダの3者の協力によって開発された技術です。マツダが2016年に発売した「G-Vectoring Control」技術に加えて、ブレーキを活用して車両を安定させるための直接ヨーモーメント制御を行い、同時にヨー、ロール、ピッチの各回転運動の滑らかな連係を達成することで、人間にとってより運転しやすい車両挙動を実現します。神奈川工科大学はこの産学連携において、車両運動力学的観点からの理論検証により技術の正当性を確認し、公益社団法人自動車技術会にて両社と共同で研究発表を行うなど、技術の実用化に貢献しました。GVC Plusは、本日より日本市場にて予約受注を開始するマツダCX-5の商品改良モデルから順次、
マツダの各モデルへ搭載されます。

「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC Plus)」作動イメージ*2

神奈川工科大学は、今後も日本の自動車分野における産学連携を強化し、より良い自動車社会の発展に貢献してまいります。

*1 G-Vectoring Control: 車両の加速度(G)を方向付ける(Vectoring)制御(Control)
*2 Gx,Gy: 前後,横加速度、Fz: 前輪垂直荷重、Fy: コーナリングフォース、Mz: 復元モーメント、Fx: 制動力


▼本件に関する問い合わせ先
神奈川工科大学 工学教育研究推進機構
 〒243-0292 神奈川県厚木市下荻野1030
 担当:井藤 晴久
 Tel:046-291-3299
 E-mail: ito.haruhisa@cco.kanagawa-it.ac.jp

アーカイブ

2020年

2月

1月

2019年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2018年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2017年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2016年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2015年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2014年

12月

11月

10月

9月

8月

情報公表

インターネット出願

出願速報

資料請求

デジタルパンフレット

メールマガジン

知って得する入試情報

女子受験生応援サイト

健康医療科学部

スーパーサイエンス専攻

進学相談会

私立大学ブランディング事業

SDGsに貢献する工科系大学

指導教員が推薦する卒業研究

就職・キャリア総合サイト

先輩たちのキャリアストーリー

看護生涯学習センター<認定看護管理者教育課程>

HEMS

KAIT工房

附属図書館

入試案内

資料請求

交通アクセス