EVエコランカープロジェクトが「pico EV・エコチャレンジ2018」にて「ベストプレゼンテーション賞」 と「pico EV賞」をダブル受賞(2018.03.13)

日本機械学会主催の「pioc EV・エコチャレンジ2018」が、3月3日、4日に西日本工業大学(福岡県京都郡苅田町)にて開催され、本学の参加チーム「EVエコランカープロジェクト」が「ベストプレゼンテーション賞」と「pico EV賞」をダブル受賞しました。

本大会は今回で7回目となり、第1回の大会は神奈川工科大学で開催されました。

「pico EV・エコチャレンジ」は、一人乗りで、単三充電式電池(1000mAh)6本を用いて、20分間の走行距離を競う競技会です。本学チームは全チームの中でも最も小さい車両で競技会に参戦。低予算を考慮し、車両は分解して宅配便で運搬しました。

予選では順調に走行し、2位を獲得。ほぼ、トップの成績でした。しかしながら、本戦では、駆動系の不調(チェーン外れ)により、途中で車両調整となりました。その後の調整作業により、レースに無事、復帰しましたが、残念ながら最下位の6位となりました。

また、走行競技とは別に、各チームによるプレゼンテーションも行われました。これは各チームの車両設計技術を競うために開催されており、順位は参加学生の投票で決まります。結果は、九州工業大学と本学がベストプレゼンテーション賞(同点受賞)を受賞。本学チームは、車両製作技術のみではなく、使用電池の詳細な特性評価とpico EVの応用技術開発が認められました。

本学チームは更に、「pico EV賞」を受賞。車両を旅行用トランクに入れて、宅配便で運べる設計をしたことが受賞理由でした。

大会には、本学OBの山口悟氏(自動車システム開発工学科卒業、大学院機械システム工学専攻修了)が、運営委員として参加してくれました。更に、大学院ロボット・メカトロニクスシステム専攻2年の山口さんは、競技会運営のサポートで参加してくれています。

<参加学生>
自動車システム工学科4年生 本杉 卓也さん
自動車システム工学科4年生 吉田 太一さん

EVエコランカープロジェクト・ファカルティーアドバイザー
自動車システム開発工学科/ロボット・メカトロニクス学科教授
高橋 良彦

アーカイブ

2020年

2月

1月

2019年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2018年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2017年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2016年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2015年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2014年

12月

11月

10月

9月

8月

情報公表

インターネット出願

出願速報

資料請求

デジタルパンフレット

メールマガジン

知って得する入試情報

女子受験生応援サイト

健康医療科学部

スーパーサイエンス専攻

進学相談会

私立大学ブランディング事業

SDGsに貢献する工科系大学

指導教員が推薦する卒業研究

就職・キャリア総合サイト

先輩たちのキャリアストーリー

看護生涯学習センター<認定看護管理者教育課程>

HEMS

KAIT工房

附属図書館

入試案内

資料請求

交通アクセス