応用化学科大庭准教授の発明が本学所有の特許第3号として登録されました(2015.05.27)

応用化学科大庭武泰准教授の発明したケミカルループ燃焼に関する新しい装置が、本学所有の特許第3号として登録されました。

<特許タイトル>
「不活性ガスをセパレートガスとして供給する手段を備えたケミカルループ燃焼装置」特許第5707167号(2015年3月6日)

本発明は、東京瓦斯株式会社様と本学との共同出願となるものです。
ケミカルループ燃焼とは、化石燃料の燃焼の際に発生する二酸化炭素(温室効果ガス)を分離した状態で取り出せる画期的な方式で、地球温暖化抑制技術として注目されている技術です。
本方式による燃焼装置を実現するにあたっての工夫が特許として認められました。
ケミカルループ燃焼の研究で世界的に著名な石田愈東京工業大学名誉教授・元本学応用化学科客員教授も加わった発明であり、今後の利用が期待されます。

アーカイブ

2020年

2月

1月

2019年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2018年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2017年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2016年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2015年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2014年

12月

11月

10月

9月

8月

情報公表

インターネット出願

出願速報

資料請求

デジタルパンフレット

メールマガジン

知って得する入試情報

女子受験生応援サイト

健康医療科学部

スーパーサイエンス専攻

進学相談会

私立大学ブランディング事業

SDGsに貢献する工科系大学

指導教員が推薦する卒業研究

就職・キャリア総合サイト

先輩たちのキャリアストーリー

看護生涯学習センター<認定看護管理者教育課程>

HEMS

KAIT工房

附属図書館

入試案内

資料請求

交通アクセス