応用バイオ科学科小池あゆみ教授の研究成果が日経産業新聞に掲載されました(2016.06.15)

平成28年6月8日(水)の日経産業新聞の先端技術面に本学応用バイオ科学科小池あゆみ教授の研究成果が「大腸菌カプセル改良-薬を放出する時間制御-」として紹介されました。

本研究は大腸菌が合成するタンパク質であるシャペロニンを改良し、薬を包み込むことができる微小なカプセルの開発に関するものです。
近年の医薬においては化学的安定性が低い核酸医薬などの薬剤を、安定的に生体内の目的となる腫瘍細胞などに配達できるドラッグデリバリーシステム(DDS)の開発が期待されています。
小池先生が遺伝子組換えにより開発したシャペロニンは、保持したタンパク質などを通常8秒程度で放出するところを、12日間程度まで維持できるため核酸医薬などのDDSへの応用が期待されています。
最新の研究では、DNAを切断する薬剤を内包したシャペロニンカプセルをハムスターの線維芽細胞に加え、細胞を死滅させる効果を確認することができました。
このようにシャペロニンを活用したDDSは、画期的ながん治療などとして期待が大きく、今後も注目されていくものと思われます。

アーカイブ

2020年

2月

1月

2019年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2018年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2017年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2016年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2015年

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2014年

12月

11月

10月

9月

8月

情報公表

インターネット出願

出願速報

資料請求

デジタルパンフレット

メールマガジン

知って得する入試情報

女子受験生応援サイト

健康医療科学部

スーパーサイエンス専攻

進学相談会

私立大学ブランディング事業

SDGsに貢献する工科系大学

指導教員が推薦する卒業研究

就職・キャリア総合サイト

先輩たちのキャリアストーリー

看護生涯学習センター<認定看護管理者教育課程>

HEMS

KAIT工房

附属図書館

入試案内

資料請求

交通アクセス